忍者ブログ

19Nov

[PR]

Posted by in

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PAGE TOP△

21Oct

夫ファミリーとの旅行(絶対参加)

Posted by つとむ in ごみばこ







 


絶対王政なので、いつどんな時でも義実家優先。



そして











PR

Comment (2) | PAGE TOP△

20Oct

義父母に勧められる、苦手な食べ物

Posted by つとむ in ごみばこ



私は過敏性腸症候群です。


汚い話になりますが


義父母には説明しても完全には理解されず、食物繊維が足りないとか(食物繊維を摂るとお腹が痛くなり、場合によってはそのままの形状を残し出てくる)、ヨーグルトを食べさせられたりとか(ヨーグルトも極少量でないと下す)なかなか厳しい。


なかでもダメな 甘いもの




甘いものを嫌いな人はいないと思っているらしい。
断っているのも遠慮していると思っているらしい。


生クリームやカスタードはそもそも味が苦手なのでケーキやパフェはかなりきつい。汚い話、吐きそうになりながら食べているときもあるくらい。
そして小麦粉は食べるとガス腹になり苦しみの末、下す。私としては日常生活に支障をきたすほどに深刻なんだけど。



しかも、少量づつ食べれば症状も改善して食べられるようになる!と思っている様子。万一、そうだとしても別にそもそも好きじゃないので食べたくないのに。



そして、今日もお腹ピーピー









↑ 心を支えてほしい・・・


注目キーワードほぼ日手帳ムーンスターMISOKAハリサウィートグラス庄分酢ヘルシオ炊飯器キレイッ粉

Comment (0) | PAGE TOP△

11Oct

睡眠まで監視下状態

Posted by つとむ in ごみばこ





お気づきだろうか・・・









昨日の使いまわしである。



・・・



許していただきたい。



だって

今朝も目覚める直前に見た夢には

 義父が特別出演 しなすったんだよ



寝ても醒めても...ってのはこーゆー状態を言うのですね




そして会社ではトラブル

自転車で行ったり来たり




こんな夜くらい好物を





お酒は飲めないが、こうゆーのが好き


磯くささがサイコーのご馳走。






↑ 心を支えてほしい・・・


注目キーワードほぼ日手帳ムーンスターMISOKAハリサウィートグラス庄分酢ヘルシオ炊飯器キレイッ粉

Comment (0) | PAGE TOP△

10Oct

連休なんてないんだよ

Posted by つとむ in ごみばこ






くぬぅぅぅ....





土曜は義実家へ(義実家と言う言葉はないとかいうコメントはいりません)
日曜は義父より朝から突然仕事を言い渡され帰宅は夜10時
月曜、今日は今日で朝から義実家、そしてこれから夜も。


 ↑ 夫は仕事や友人と遊びに行っていたため全て私ひとり。 





こんな今日の昼下がりはもう昼寝しかない





1、「20分寝よ」(アラームセット)



  ・・・



2、「ん?あと30分」(アラームセット)



  ・・・



3、「うそ!もう30分」(アラームセット)



  ・・・



「あかん。もう起きな...行かな...」


(吐き気をもよおしながら起きる)




うぅぅ....



この短い 3回の睡眠、全てに義父が出演 しなすったよ









おかげで、なんかとても疲れた・・・




つぅ訳で、また行ってきます。






Comment (0) | PAGE TOP△

05Oct

ウェディングドレスを成仏させる。

Posted by つとむ in ごみばこ





ここは「ごみばこ」ということで、
溜まっている事を成仏させて行くことにしました。


昨日、結婚式のニュースを見て急に思い出した
「ウェディングドレス問題」に着手。


きっと " 問題 " と思っているのは
私と私の母だけなんでしょうが...





ここから私のウェディングドレス写真が出ますので

苦手な方はご退室下さいね(今回は絵なし)





みなさん!!

ウェデングドレスはどうやって選びました?




私は母を呼び寄せ、一緒に楽しく選びました。

だって、たった一度の母娘のドレス選びですから




(お披露目できなかった、このドレスを成仏)

サイズが合っていませんが
こちらのサイズ違いを予約して帰りました。




ところが帰宅後、義母に報告すると即刻キャンセルに。




理由は、レンタルで無駄なお金だから

一番安くて一番見栄えが良いものに変更するようにと




そして改めて、義母と行き





コレかな...





いや、こっちかも



とにかく、どれを着たか覚えていません。



差額30万円だったと思うのですが
自分で出すといっても、結局高見えする最安値ドレスに。



式自体、元々挙げるつもりはなかったもの


  式は二人のものではなく家のもの、という考えから
  平均どころか高額な披露宴を挙げてもらいました。

  そして、お金は親が払うものだと出してくれました。
  (一応、両家で出し合うかたち) 


式を挙げたくてもあげれない人もいる訳で、文句は言えませんが


  式、披露宴内容
  (衣装、メイク、音楽、料理、装飾、諸々に至るまで)

  私達の意思は全く反映されていません

  だから、当日のことは何一つ覚えていないし
  結婚式準備段階のこともほとんど記憶にない。



とにかく準備も本番も、嫌で仕方なかった。




そしてもうひとつの問題は

「こんな状態で一切揉めなかったこと」
だと思う




両親からしてみれば

一緒に選んだドレス、打ち掛けはキャンセルされ


呼びたかったゲストも呼べなかった。
(品位を保つため子供NGに
された)

すべて言われるがまま。



だけど、すべて受け入れてくれた両親




そして披露宴後、たくさん払ってもいけないから
男:女=6:4だろうと見積もったものの
総額が分からず、平均費用×4割強で振り込んだお金は
「全く足りない」と陰で言われていたらしい。





声をあげられなかった自分がもどかしい。




義父母はあんなにいい式は他にはないと今も誇らしげだけど

私の両親から結婚式の話が出たことは一度もない。




そうゆう事なんだと思う。

ごめんなさい。





夫婦二人暮らし ブログランキングへ



Comment (2) | PAGE TOP△